大学受験に必須の英語【語学レベルをパワーアップ】

女性

マンツーマンの良さ

先生と生徒

集団授業との違い

受験期や、学校の授業だけでは十分でない子供の多くは、学習塾に通っていることがあります。これまでの学習塾のスタイルは、学校の授業と同様に大きな部屋で塾生が講師の指導を受けるというスタイルが一般的でした。しかし最近では、少人数制授業や個別指導を中心に授業を行っている塾の数が増加し始めています。個別指導とは、1対1または数人程度の規模で勉強の指導を行う形式のことを言います。個別指導の良い点は、決められた時間の中で講師が生徒のペースに合わせて直接教えているという所です。集団授業の場合は、塾生側はどうしても一方的な受け身スタイルで勉強をすることが多いですが、個別指導では講師と生徒が互いにやりとりしながら学習を進めていくことができます。また、分からない部分があれば、時間をかけて重点的に講師が教えてくれるため、分からない所を分からないままにせず、しっかりと理解してから問題を解いたり次に進めることができるのも魅力の1つです。個別指導についてのメリットはいくつもありますが、その前提として重要になってくるのが、講師と生徒との相性です。いくら優秀で指導内容がしっかりしている講師を選んでも、全ての生徒と相性が合うとは限りません。雰囲気や指導の仕方など、なんとなく合わないと感じてしまう生徒もいます。そのため、個別指導塾では、まずお試し期間として1人の講師に指導してもらい、合わないと感じたら別の講師に変えることができるサービスを行っている所が多いです。